マキノジン

「西川さんに出会ってなかったらこのジンは創れていない」

原材料に有機グアバ葉と有機グアバ果皮使用。
高知発のクラフトジン『マキノジン』

高知の名バーテンダー塩田貴志さん(BARクラップスオーナー)と、酒蔵司牡丹さんが開発したクラフトジンです。

その原料には高知が誇る世界の植物学者、牧野富太郎博士が妻の名から命名したスエコザサやブシュカンやグアバなど12種のボタニカル原料が使われています。

それら植物原料の中に、私たちが農福連携で自然栽培した『有機土佐國グアバ葉と有機グアバ果皮』が使われています。

塩田さんより
「南国にしがわ農園の有機グアバはマキノクラフトジン の味を良くすることがわかり、当初予定より1.5倍の量にしました。
グアバがキーボタニカルの一つになり、南国にしがわ農園さんと出会ってなかったらこのジンは創れていない」
と、とっても嬉しいお声を頂きました。